ノーソープ 健康

ノーソープスキンケアを長年続けてみた感想

更新日:

あやべです。
かれこれ9年ノーソープスキンケアを実践しています。
執筆時点で35歳なので、26歳のときから続けていることになります。

ノーソープスキンケアの良さを実感している私ですが、ネット上に長期間実践した方の体験記が思ったよりも少なかったので、興味をもっている方の参考になればとここに語ってみます。

ちなみに私は男です。化粧品を使う女生徒は条件が異なると思いますので、その点ご承知おきください。

きっかけは素朴な疑問

26歳当時、結婚2年目。同世代からすると早めの結婚をした私。まだ若かったころです。

毎日ちゃんと洗顔してはいましたが、数こそ多くはないものの、常に数個存在し続けるニキビに不満を持っていました。

高校の頃から、ニキビ顔とまではいかずともそれなりのニキビの数への対策としてアレコレ流行りのスキンケアを試していました。スクラブ洗顔、あぶらとり紙、洗顔シート、アクネ菌対策、鼻パックなど
はもちろん、男性用乳液や化粧水も使ってみていました。ただ、どれも思うような効果はなかったように思います。

20代に入り、数こそ減っても一向になくならないニキビに対して、「思春期のホルモンバランスの乱れ」なんてとっくに終わっているのに、なぜニキビができ続けるんだろうと疑問に思いました。

ある日、今までと同じことを続けても治らないのであれば、今までと正反対のことをやってみたらどうなるんだろうと思い、一度スッパリ洗顔を辞めてみることにしました。それでニキビが増えるなら、再開すればいいだけ。幸い、嫁さんもいるし、女性社員のほとんどいない職場です。人体実験気分で気楽に始めました。

すると、2週間、3週間と経っていくうちにニキビが改善。実験であることも忘れた頃にはニキビが一つもない期間がずっと長くなっていることに気づきました。

この頃は洗顔料を止めて、水だけで軽く洗い流す程度。朝と風呂で一日2回。風呂上りはお湯が皮脂を取り過ぎている感じがしたので、嫁さんのニベアハンドクリームをちょっともらって薄く塗っていました。

ノーソープ洗顔から全身ノーソープスキンケアへ

第一子が産まれ、時は過ぎて長男が2歳の頃。長男は次男に比べても肌が弱く、かゆくなったりかぶれたりしていました。しょっちゅう皮膚科でワセリンや軟膏を貰ってきていたことを思い出します。

肌に余計な刺激を与えるのを止めてみようとボディソープで身体を洗うことを止めてみました。すると、肌トラブルがピタっと止まったんです。ベビーソープや低刺激石鹸でも長男にとってはまだ刺激が強かったのでしょう。皮膚科通いもなくなっていきました。

それから、肌が強かった次男も私も妻も、そして2015年に生まれた三男も全員、基本的には身体を洗っていません。洗うときは日焼け止めを塗ったときなど、特別な事情があるとき位です。

自分の体臭の変化は気づきにくいものですが、少なくとも妻や子などで体臭が強まったような変化は感じません。人間の身体って、石鹸なしでも必要十分なケアはできているってことなのかと実感しています。

完全ノーソープへ。湯シャンはじめました

昨年(2016)から湯シャンもはじめています。今のところ子供たちと私だけ。
妻は二の足を踏んでいますw

洗顔を止めて肌の調子が整ったということは、顔面の皮膚と一枚で繋がっている頭皮にも同じように効果があるのではないか、と思ったのがきっかけでした。

しかし洗顔を止めるよりもシャンプーを止めることの方が難しく、スタートしてみては挫折を3回ほど繰り返しました。頭皮が脂ぎってしまうんですよね。それで髪もノッペリしてしまう。終いには、ウネリだしてしまうのも厄介。長男にも肩車した際に「なんか頭臭い」などと言われる始末。

出掛ける際にはワックスを付けるため、ワックスを落とすのも面倒に感じました。

今回の挑戦では約1か月続いています。今回は途中で挫折せずに続けられそうです。特にぺったり感や頭皮の脂も気にならないレベルとなり、シャンプーする必要も感じなくなってきました。
湯シャンが成功に向かったポイントはこちらの記事でご紹介しています。

MEC食生活で、ノーソープ生活がより完璧に

我が家では1か月ほど前から、MEC食という肉・卵・チーズを食べるという食習慣を始めました。これがノーソープ生活の思いもよらぬ追い風となっています。

というのも、顔・頭皮の皮脂分泌量、手のひら・脇・足の裏などの汗、が落ち着いたんです。乾燥している訳ではなく適量になった、という感覚です。色んな糖質制限の本を読み漁っていますが、今のところきちんと説明が付く理由はないので、万人に聞くかどうかはわかりませんが、少なくとも私と妻は実感しています。

夜風呂に入らず寝ようとすると、足の裏がうっすら汗ばんだようなイヤな感覚、ありませんか?あれが不思議とないんです。この3連休に実は2日風呂に入らないで見たんですが、全然不快ではありません。

これはちょっとした快挙。

身体の代謝のバランスが適応したのか、正常化したのか、とにかく無駄な分泌がなくなった感覚です。

おわりに

洗顔料を止めることから始まったノーソープ生活。今ではボディーソープ、シャンプー・リンスまで要らなくなっています。副産物として、金額としては微々たるものですが、日用品分が節約にもなっていますね。

そう、お金がかからないどころか、むしろお金の掛からないノーソープスキンケア。

「石鹸で洗わなければ不潔だ」という先入観が最大のハードルだと思いますが、人間本来の自浄作用は思ったよりもスゴいです。試してみるだけタダなので、やってみようか悩んでいる方は、まずは騙されたと思って試してみてくださいっ!







-ノーソープ, 健康

Copyright© ayabeck.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.