MEC食 健康 糖質制限

MEC食(糖質制限) の肌への効果を実感した話をする

投稿日:

MEC食(糖質制限)を取り入れてみて肌への改善効果を実感しています。肌ツヤが良くなり、皮脂の過剰分泌は落ち着きますが、乾燥はせずにみずみずしいという感じ。私も妻はもちろん、子供たちも乾燥による痒みがなくなりました。

ということで今回は、我が家でのMEC食(糖質制限)がもたらす皮膚の健康に対するメリットについてご紹介していきます。

肌ツヤが良くなった

MEC食はダイエットとしての減量効果が取り立たされることが多いですが、たんぱく質をはじめとして十分な栄養素を摂取できることももう一つの重要な側面です。

そのため、見た目の体型変化だけでなく体内にも効果があらわれ、高血圧や高血糖、脂質異常などの改善効果が期待できます。

私自身は男ですが、元々肌への手入れは一切何もしておらず(石鹸類も使いません)、MEC食前後で特に何も変えていません。ですが、肌の状態は確実に変わったように思います。

具体的には、肌の乾燥が減って肌のハリとみずみずしい感じが出てきました

当然ながら皮膚も細胞でできていますから、細胞が正常に新陳代謝するためには十分な材料の確保が必要不可欠。その材料としては、たんぱく質はもちろん、脂質も重要です。

脂質を摂ると太るようなイメージがあるかもしれませんが、体脂肪の元になっているのは余った糖質です。脂質は様々な用途に使われますが、細胞膜を作る材料としての大きな役割があります

健康を気にするあまり脂質を抑えている方も多いと思います。私も元々は積極的には脂質は摂っていませんでしたが、かえって身体の材料不足を引き起こしているという事実は衝撃的でした。

肌が健康的な状態になった背景には、人体が必要としている栄養素を補給できるようになったことが大きな理由だと考えています。妻の感想を聞いてみても、他のMEC体験者の感想を読んでも、肌ツヤの改善を実感した人は多いようです。

皮脂の量が減った

もう一つの驚きが皮脂分泌量の安定です。

私は5,6年は顔や身体を石鹸で洗うことを意識的に避けています(理由はまた別の機会に)。頭皮も皮膚の一部ですから、できれば石鹸で洗いたくないのですが、頭皮の皮脂で髪がべたつくのが我慢できずに何度も断念していました。

ですが、MEC食を実践して皮脂が減ったように感じたので、ノーシャンプーを実践してみると見事成功。すでに半年以上実践できています。

皮脂の過剰分泌が収まる理由は、私自身ハッキリと分かっていません。

十分な栄養摂取による新陳代謝の正常化で、皮膚のバリアとなる皮脂をたくさん出さなくても良くなったのかもしれません。もしくは、脂質は体内のホルモンの材料でもあるため、ホルモンバランスの正常化によるものかもしれません。

皮脂分泌量を抑えるためにMECを取り入れるというのは根拠不足かもしれません。別の理由でMECを取り入れた結果として、皮脂分泌も収まればラッキーくらいに捉えると良いかと思います。

今後の健康的な肌の維持のために糖化を避ける

年齢を重ねると、こげ茶色になっていく人を見かけないでしょうか。

健康的な日焼けとも違う、どんよりとクスんでいく感じ。特に中年男性に多いように思います。満員電車を見回してみてください。

この原因の一つが「糖化」だと考えられています。

糖質とたんぱく質が体内で結び付いて変性し、AGEs(糖化最終生成物)になる反応を「糖化」と言い、肌や髪、骨から血管など全身の老化を進行させる原因とされています。

糖質と小麦たんぱくが含まれたホットケーキを焼くとこんがり茶色になりますが、この茶色は糖質とたんぱく質が熱で反応したもの。反応のキッカケは異なるものの、似たような現象が体内で起きているという訳です。

糖化を抑えるには血糖の安定が必要不可欠。糖質制限は、肌の老化進行の歯止めとしても効果を発揮するということ。

「今」だけでなく「今後」のためにも、MECを続けていきたいなと考えています。

まとめ

MEC食による肌への効果について、私と家族の体験から紹介してきました。

MEC食による栄養バランスの正常化から得られる肌ツヤの改善、皮脂の分泌量の安定が実感としてしります。そして、今後の老化進行を阻止するため、糖質制限を続けていきたいというのが私達の思いです。

興味がある方は短期間でも取り入れてみて、効果の程を実験してみてはいかがでしょうか。

では!







-MEC食, 健康, 糖質制限

Copyright© ayabeck.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.