MEC食 健康 糖質制限

MEC食実践中、コンビニで買えるおやつ。我が家のオススメを紹介

投稿日:

MEC食を実践してても、たまには甘いおやつを食べたくなりませんか?

出かけた先や帰り道などで重宝するコンビニで、少しでも糖質を抑えながら楽しめるスイーツを買えたら嬉しいですよね。

おやつとは言え、お金を出して食べる立派な食事のひとつ。どうせ食べるなら、無駄な成分より必要な栄養素を摂りたい。おやつは砂糖やポテト(でんぷん)といった糖質が中心になりがちですが、中でも高タンパク質なものを選ぶようにしています。

今回は、そんなコンビニおやつのオススメをご紹介します。

オススメのコンビニ

我が家のお気に入りのコンビニは、「ファミリーマート」と「ローソン」です。

ファミリーマートは「RIZAP」とのコラボ商品が豊富にありますし、ローソンは低糖質なベーカリーを積極的に展開しています。ローカーボを推進する我が家にとっては、種類豊富なこの2店を選んでしまいます。

食事を買うついでにおやつも、ってパターンも多いと思いますが、この2店はおやつだけでなく食事にも低糖質なものがあります。とっても重宝しています。

やっぱりRIZAPコラボ品は注目しておきたい

ファミリーマートのRIZAPコラボ商品のラインナップ充実には目を見張るものがあります。当初はほぼプリンだけでしたが、今はシュークリームやチーズケーキ、アイスなどどんどん増えています。

RIZAPが熱いのは、低糖質なだけでなく高タンパク質にも重点をおかれているところ。ともすれば、人工甘味料と水分でできたアイスとか作ってしまいそうですが、ちゃんと卵や生クリームにチーズといった高タンパク質な原材料から作られています。(残念ながら、牛乳は乳糖が豊富なんですよね。。)

我が家の定番はシュークリームとプリン。

シュークリームは皮部分は糖質ですが、豊富な生クリームで満足感高いです。エリスリトールという血糖値が上がらない甘味料が使われていますが、冷やした生クリームならばゼロカロリー甘味料独特の味のクセも不思議と気になりません

プリンは少し甘味料のクセが気になってしまいますが、やっぱりおやつの王道感は魅力です。

まだ食べていないんですが、「チーズアイスバー」が大変気になっております。なんといっても6.3g/本という低糖質っぷり。数量限定なので、店頭で見かけたら食べてみてください!

ローソンの低糖質パンをおやつに

ローソンのローカーボパンですが、おやつになるパンも増えてきました。

中でも「ブランのパンケーキ」は妻のお気に入り。ふすまパンのクセは多少あるものの、甘ったるい味を低糖質で味わえるというのは魅力です。家族で出かけたときなんかには、淹れたてのホットコーヒーとともに食べると気分的な満足感が高いです。

「大豆粉とブランのしっとりロール」も美味しかったですね。

どのコンビニでも買えるおやつ

コンビニは他にセブンイレブンやデイリーヤマザキなど様々あるわけで、いつも思い通りのお店にいける訳ではないですよね。そのため、どこでもだいたい手に入る低糖質おやつのお気に入りも持っています。

1番は『ウィダーインプロテインバー」シリーズ公式サイト)。ベイクドチョコやウェハース、グラノーラと、食感が様々あるのが魅力です。ちなみにナッツのバーが1番好きな味。糖質は10g含まれていますよ。

似たような商品にSOYJOYや一本満足バーもありますが、味によっては糖質が少し多めだったりすることもあるし、たんぱく質の多さではウィダーインプロテインバーには勝てません。

どうせなら、身体が必要としている物を食べたいし。

残念なのは大豆たんぱくが原料だということ。原材料は植物でないとコストや生産性の問題があるとは思いますが、アミノ酸バランスが気になります。たんぱく質の吸収を助けるビタミンBが添加してあるあたりは、さすがウィダーブランドです。

甘いものじゃなくても満足できそうなら、ウィンナーやからあげのようなホットスナックを選ぶということもよくあります。長男は結構、こっちを選びますね。自然とMECな思考が定着しているのかもしれません。

 

 

いっそ、低糖質を諦めるのなら

たまには、「もう今日は糖質制限はいいや!」と思う日もあります。しょっちゅうだと困りますが、まぁ、実際あるんです。。

そんなときでも、どうせなら栄養価を高いものを食べようかと思うわけで。そういう場合は、糖質は多くても同時に高タンパク質も期待できる、乳製品主体のスイーツを選びます。

アイスならソフトクリーム。スイーツならチーズケーキやシュークリームなどですね。なるべく生クリームたっぷりのものを選びたいところです。

まとめ

今回は、コンビニのオススメおやつをご紹介しました。

ローソンやファミリーマートが力を入れている低糖質食品を選ぶのが、まず間違いないかと思っています。そうでなければ、ウィダーインプロテインバーが保存も効くし満足感もあってお気に入りです。

理想は低糖質を徹底的に避けたいところですが、糖質は嗜好品と割り切って中毒にならないように取り入れるというのが我が家のスタンスとして定着しています。

ぜひ、鉄板メニューを見つけてくださいね!
では!







-MEC食, 健康, 糖質制限

Copyright© ayabeck.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.