未分類

【レポート】JOIN移住・交流&地域おこしフェア 2017

更新日:

あやべです。
移住フェアに行ってきました。

東京ビッグサイトで開催された「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」というイベントで、全国の自治体が移住者へのPRや相談を行っていました。

移住フェアへ行くきっかけとなったのは、妻の友達家族の影響。とてもクリエイティブなデザイナー系のご夫婦で、純サラリーマン的私とは考え方が違っていて驚かされることが多いんです。昨年はじめて移住フェアのことを聞いたときも、福岡から上京してきた私にとってはまた改めて不便で刺激の少ない田舎へ行くことが理解できませんでした。しかし、今年になって観点こそ違うかも知れませんが、地方移住のメリットを理解できてきたんですよね…。

移住フェアに行こうと思ったきっかけ

サラリーマンのパパさん達に質問。

「仕事辞めたいとか考えませんか?」

こんなド直球な会話ってなかなか現実ではできないですよね~…。冗談半分で愚痴り合うことはあっても、真面目な会話としてはなかなかできなくないでしょうか。現実的ではない、っていう理性みたいなものが障壁になっているのかも。

そう、私は会社辞めたいんです(笑)
それも、とても後ろ向きな理由です。単に仕事がしんどいから。こんなこと、同期とかにもなかなか言えねー。上司への相談事項にもならねー。そしてモヤモヤと、仕事辞められる方法を「前向きに」模索している近年です。

まぁ私みたいに後ろ向きな理由ではないにしても、仕事辞めたいなと思ったことがある方は結構いるんじゃないでしょうか。

そういう思考になったときに「田舎で暮らしたいなぁ」なんて思ったことありませんか。
そう、私もそのクチです。

なーんか、現実から逃げたくて。田舎で暮らせばこんなに苦しい会社人生とは違った穏やかな未来が見えるようで。普通は「いいなぁ」なんて想像に耽って終了なんでしょうが、私の場合アクションを起こしてしまいました。なぜだか最近、変なところで行動力が上がっています。

それが今回の「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」でした。

移住フェアの洗礼を受ける

軽い気持ちで移住フェアに行ったもんだから、会場に入った途端に何をしていいかわからない。

会場いっぱいに全国各地のブースが並びパンフレットやお土産を配っているのだけれど、イメージが沸いていないもんだから全部同じに見えてしまいます。

「移住先の検討は付いていますか?」とか「移住の目的は何ですか?」なんて、全国各地のスタッフの方から声を掛けられるのですが、その度愛想笑いをしながら「地域探しに来ましたー」や「IT関連ですー」なんて中身のない回答で避ける私達夫婦。移住者って、クリエイティブで前向き、行動的な人しかいないのかもしれない。

移住いいなぁと思っても、やっぱり行動に移してしまう人って極少数なのが実情だと思うし。

移住者にとっての移住の目的って何でしょう

自治体側にとっても移住者を増やす様々な目的はあるでしょう。そちらは自治体に任せておいて。

移住者にとっての目的って何なのでしょう。そう。「移住したい」と思う割に中身がなかった私です。そんな中身のない私がフェアに行くもんだから、どの地域が自分に合っているかなんて判断できません。

移住の目的としてよく聞くのが、農業林業漁業をしたいと言う声。私も「なんとなくのどかで良さそうだなぁ」と失礼な印象を思いますが、家を空けにくかったり、早朝から取り組む力仕事だったりと現実に自分の仕事になることをイメージすると、ゲンナリすることもあります。まぁそう楽して暮らそうと思うのがムシがいい話なのか。

私にとっては、メリットは生活コストの低減だと思いました。主に住居。家賃ですね。比較的低予算で広い家に住めるところが多いイメージ。しかしながら、交通費(ガソリンや車の維持費)や光熱費(特に暖房)のコストが都会を上回ることも多いので、一概に言えるのかは要検証。広い庭なんかがあると、子供達は広々と遊べて良さそうですが、習い事や友達付き合い(人数面で)が少なくなりそうなデメリットもはらんでいます。

よくよく検証すると課題も出てきそうです。

しかしながら、田舎と言っても山間部のド田舎だけではないですし、綺麗な家もあるようです。享受したいメリットをイメージして、その上で地域を探すと理想と現実のギャップが判断しやすいかもしれませんね。

気に入ったのは兵庫県豊岡市

「豊岡かばん」と言って、天然皮革の手作りカバンで名を知られる兵庫県豊岡市。ここの教育への姿勢を聞いて、興味を持ってしまいました。

運動遊び事業や英語遊び事業といった子供達の学習を変えていく取り組みや、コミュニケーション能力にフォーカスした劇作家の方を招いたチームワークトレーニング。なかなか興味をそそられる義務教育の新しい提案がありました。他の地域では学校教育をアピールされたことはありませんでしたので、私達夫婦にとってとても新鮮映りました。豊岡市移住ポータルである「飛んでるローカル豊岡」も適度に力が入って好感が持てました。

なんか自治体の活動に新鮮味があるというか、ちょっと実際に訪れてみたくなるそんな町でした。

今後も移住検討を進めたくなったそんな1日

結局会場時間の10:00-17:00までフルで居ました。

午前中のちょっとの時間見てみよう、位のスタンスだったので、移住の魅力にはまってしまったのは否めません。現実的な選択肢なのか見極めは必要ですが、前向きに考えた上で結論を出してみたいと思います。

今後の移住関連のイベント情報ももらったし、またレポートします!
ではでは







-未分類

Copyright© ayabeck.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.