MEC食 健康

もやし体型の男子も今年こそは体型改善!科学的に太る方法。

投稿日:

ひょろい、ガリガリ、ガイコツなどと言われたもやし体型男子のみなさん!
おお、同士よ…。

身長178cm 58kg。典型的な痩せ型のあやべです。

体脂肪は7~10%をナチュラルにキープ。高校時代は53kgで、よりアグレッシブにガリ男でした。

本ブログではダイエット法であるMECを中心に書いていますが、ダイエット目的でやっているのは我が妻。私は、健康と若さの維持のためにやっています。

凝り性の私は、食事について勉強を重ねる中で科学的に身体を成長させる方法について学びました。

世間はやれ飯食えなど、筋トレしろなど、我々ガリ男子のことを攻め立てます。ですが、努力したって太らないんだからしょうがない!

私も過去、太るトライをしたことがあります。

強烈に白米を食べてみたり、筋トレしてみたり。かつてトライアスロン向けに筋トレしたときに至っては、逆立ち腕立て伏せや片手腕立て伏せなど、骨人間にとってはかなり強度の高い筋トレメニューをやったんですが、身体はむしろ引き締まっていくばかり。。。

軽量化してしまって無事完走しました。。

食事について勉強した今思えば、それはやり方がイケてなかったんです。

今年こそは正しい方法で身体作りをしてみましょう!そうです、私も一緒に!

身体を大きくするメカニズム

身体を大きくする方法について考えてみましょう。最短距離を走るためには知恵が必要です。

身体を大きくするといっても、皆さんはデブちんになりたい訳ではないはず。

適度な筋肉と薄っすらとホンの少し乗った脂肪が、一般人としてはベストか?ボディビルダーみたいなキレキレの身体はドン引きされる可能性ある。

身体作りを効率的に行うには以下の2点を考える必要があります。

  • 身体を作るきっかけを与える
  • 身体を作る材料を十分に摂る

逆の言い方をするとこの2点を両立せず、適当に根性論でやるから太らない。ただでさえ太りにくい我々もやし人間にとっては、頭を使わないと一生到達できないのです。

身体を作るきっかけを与える

身体を大きくするキッカケの代表は筋トレでしょう。

ですが、冒頭に紹介した通り、筋トレがうまくいかないのが我々棒人間

効率良く積極的に身体を作るのは成長ホルモンが分泌されている時間帯です。筋トレによる筋肉のダメージを回復し、増強するのはまさにこの成長ホルモンが分泌されるタイミング。

では、いつ分泌されるのかというと…。過去には「夜間22:00->2:00の間」や「良質な睡眠中」などと言われることもありました。

しかし!

今の最新のダイエット医学では、断食中!なのです!

ご飯を食べると、食事の中のブドウ糖やそこから肝臓に貯蔵されたブドウ糖でエネルギーを得ます。このとき栄養素を貯蓄する方向に身体を向かわせるのがインスリンというホルモン。インスリンが出ている間は身体は貯蓄モードに入っていますから、筋トレのダメージであろうがなんだろうが、栄養素の出し惜しみをします。

そう、貯蓄モードでは成長ホルモンの出がイマイチなのです。

では、貯蓄モードが終わるのはいつかというと、肝臓のブドウ糖が枯渇したあと。ブドウ糖の消費を中心に動いていた身体は、脂肪を使いはじめます。脂肪からブドウ糖を作り、脂肪からもう一つのエネルギー源であるケトン体を作り、そして脂肪そのものをエネルギーにし始めます。

諸説あるし個人差もあるでしょうが、このブドウ糖が枯渇する時間はだいたい12~24時間後。この消費モードに入ると身体の自己修復機能が活発になります。一つの研究結果では、24時間後に成長ホルモンが2000%増加したとのデータまで。

この機会を逃す訳にはいきません。12~24時間断食したのち、ガツンと筋トレして、十分な栄養を取れば俄然筋トレの効果は増します。事実、一部のボディビルダーも取り入れている方法なんですよ。

12時間の断食は朝飯抜き。24時間の断食は朝・昼抜きで実現できます。

え?断食キツイ?

家にこもってゲームしてれば飯食うの忘れるでしょ?それが我々もやしっ子

身体を作る材料を十分に摂る

身体が修復モードに入ったときには、普段何を食べているのかが大事になってきます。

身体を作る栄養素と言えば、たんぱく質。そして脂質なんです。細胞膜は脂質でできていますから、細胞を増やそうとするときに脂質取っていないとドバドバの成長ホルモンを無駄にしてしまいます。

ともすれば、豆腐や納豆、野菜やご飯などのヘルシーと言われる食事になっていませんか?これでは、たんぱく質も脂質も不足しているかもしれませんよ。

植物性よりは動物性のたんぱく質の方が人体の組成に合っています。肉食を見直し、MEC食を勉強して十分な栄養量はどのくらいかを学んでください。

筋トレのダメージを超えて増強する訳ですから、たんぱく質は少し多めに摂りたいところ。

そのためには、プロテインが効率的です。今は、「太るプロテイン」なんていうガリ人間にとって神々しささえ感じるサプリがあります。栄養をベース量に上乗せして、効率を最高レベルに持ち上げましょう。

>> 消化吸収まで考えたプロテインはこちら

まとめ

朝飯抜きを週に2,3日、できれば朝・昼抜きの日を週1程度作って成長ホルモン2000%にトライしてみてください。

筋トレは朝昼抜きの日、晩御飯前に最大源キツイと思うものを。週一の筋トレです。楽なもんでしょ?

全体的にご飯の量を減らすことは絶対にダメ。それ痩せちゃう。

MEC食などを参考に十分なたんぱく質と脂質を取ってください。

そして筋トレ後は追いプロテインでダメ押し!
Tシャツの似合う男になりましょう!

では。

<a href=”https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=t8129v-q272158H&p=B5733952″ target=”_blank” rel=”nofollow”><img src=”https://www.affiliate-b.com/upload_image/8129-1474166172-3.jpg” width=”468″ height=”60″ style=”border:none;” alt=”プルエル” /></a><img src=”https://track.affiliate-b.com/lead/t8129v/B5733952/q272158H” width=”1″ height=”1″ style=”border:none;” />







-MEC食, 健康

Copyright© ayabeck.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.